介護事業者・医療関係者の方へ こんな事で悩んでいませんか?

ドクターのお悩み 休日・夜間の往診対応の負担が大きい

在宅医療を担当するドクターにとって、“休日・夜間の電話対応、往診対応”の負担は非常に大きいものです。24時間365日拘束され、旅行や学会に行けず、精神的ストレスを感じているドクターも少なくありません。

医療・介護従事者のお悩み 患者様の状態を把握できない!

1人の患者様に対して、ドクターや薬剤師・介護ヘルパー等多くの事業者が関わるため、情報の連携が取り難く、連続的な患者様情報を把握し辛いのが現状です。

患者様・ご家族様のお悩み 困った時、誰に電話すれば!?

ご家族だけで夜間看護を対応するのは非常に不安なものです。困った時に、誰に電話をすれば良いかが明確に判断出来ないために、その不安が大きくなっているとも言えます。

在宅医療連携システムがあなたをお助け致します!

在宅医療向けコールセンターシステム

PHR-ケアデータ記録システム

持続型遠隔地バイタルデータ取得システム

  • 休日・夜間の電話対応や往診対応を、必要最小限に!
  • PHR-ケアデータ記録システムで、活発な情報共有が実現!
  • 24時間365日いつでも電話相談が出来て、安心!

在宅医療連携システムで、安心・安全・質の高い療養サポートを実現!

お問い合わせはこちら

ページTOPへ